マンションを査定したい!不動産査定書とは?

「不動産会社」が提示する価格は成約見込み価格とも言える

そんな「不動産会社」が提示する価格は一般的にその価格で売り出した場合に3か月以内で売却できる可能性が高いと判断される価格であり、つまり成約見込み価格とも言い換えることができます。
しかし実際の売り出し価格に関しては提示された査定価格をもとに売り出しを希望している個人と「不動産会社」が提示して決めることがほとんどです。
なお、その際には必ずしも「不動産会社」に提示された価格で売り出す必要はありません。
ただしある程度の根拠をもって「不動産会社」も提示していることが多い価格なため、それより高く売り出してしまうとその売却に苦戦することがほとんどという言ことは念頭に置いておくと良いでしょう。
長期戦で売却できれば良いとかんがえてはいたものの相当の期間が過ぎても買ってくれる人が現れないあるいは成約にまで至ることができない場合には値下げの検討を行っていく方が良いかもしれません。
具体的なその作成の依頼方法としては「不動産会社」に直接依頼することもできます。
その際には何か言われることがあるかもしれませんがその費用を依頼者に請求することができないことになっているので支払い義務はありません。
そう聞くと頼みにくいと感じる方もいるかもしれませんが売り主からの依頼は見込み客の依頼となるので基本的に喜んで対応してもらえるので遠慮せずに気になる会社にすぐにでも依頼してみるのがおすすめです。
また、前述したとおりその結果として提示される価格は依頼する「不動産会社」によって大きく異なるので可能であれば複数の企業に依頼するのがおすすめです。
一方でご自身で直接依頼するのは手間が多いのでやりたくないと感じる方も多いかもしれません。
しかしそのような方にはぜひ「一括査定サイト」を活用するのがおすすめです。
そのようなサイトでは全国の登録業者が連携して1つの物件に対して簡単操作で一括査定を行ってもらえます。
ぜひ上手に活用してみてください。

「不動産査定書」は、2種類あります「不動産鑑定評価書」の作成には一般的に15万から30万円程度かかります「不動産会社」が提示する価格は成約見込み価格とも言える